<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 連休のお知らせ | main | 当店オリジナル ベターCFRPインシュレーター登場 >>
CROSS POINT XP-SBのご案内

我が家のスピーカー用インシュレーターが変わりました。

その名はCROSS POINTの新スパイク受けインシュレーターXP-SBです。

今まで使ってたものから外観は大きく変わりませんが、ニュー積層プログラムによりその能力は大幅にアップ。

音の方向性が「ガラッ」と変わったわけではありませんが、しかし音楽の再生能力がグンとアップしたと言う事です。

一言で言うなら、

スピーカーのウーハーの口径がワンランクアップしたように低域の再現能力が格段に増しています。

また、全帯域にわたり音の密度が格段に増しています。

その向上のレベルがどれほどかと言うなら、

今まではスピーカーを内側に振らなければ集まらなかった低域が真正面を向けた状態でもしっかりと集まり、同じく内側に向けなければ薄くて間が
持た なかった音像の再現がやはり真正面でも色濃く再現できるレベルと言えば分かると思います。

結果として音場志向と音像志向の両立ができる。

これは高い次元でオーディオをセッティングする上において圧倒的アドバンテージと言えるでしょう。

この傾向はスピーカーだけでなく、他のスパイク形状のオーディオ製品に用いた場合でも(例えばWADIAのスパイク受けとして使っても)同
じ。

まさしくスパイク受けとしては限りなく万能に近い。



まず最初に行っておかなければいけないのは、音を変えるのは簡単です。

数百円のオーディオアクセサリーを用いても音はころころ変わるものです。

しかし、正常進化の中でのパフォーマンスの向上と言うのは数万円出してもなかなか得難い。

それは、オーディオアクセサリーの領域ではなく、世間一般ではオーディオのハードに求められる領域だったりするわけです。

もし、この様な正常進化を得ようとするなら・・・

スピーカーまたはアンプをワンランクまたはそれ以上変える必要があるのではないかと私は考えます。

別の言い方をするなら、この様な向上はオーディオ製品の上級モデルへのグレードアップで手に入るわけですが。

「XP-SBの導入、それともハードの買い替えのどっちが御得?」なんて議論は趣味の領域では不毛な議論だと思います。

ただ、一つ言えるのはXP-SBは今お使いのハードの能力を最大限に発揮してくれると言う事です。



XP−SB 堂々とデビューです

 



CROSS POINT スパイク受けインシュレーター 



XP−SB φ38×5mm 30000円/4個1SET