<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CROSS POINT XP-SBのご案内 | main | CROSS POINT リファレンススパイク受け XP-SB Flare 登場 >>
当店オリジナル ベターCFRPインシュレーター登場


当店が考えるベターなインシュレーター、しかしユーザーフレンドリーという立場で考えるならベストと言ってもいいかもしれない!? HP-IN56 のご案内です。

オーディオ製品のパフォーマンス向上を考える際、振動面での悪影響を最小限に抑え、機器の能力を最大限に発揮しようと言うものがインシュレー ターです。

そして、その最も理想的な使い方はオーディオ装置の底面にインシュレーターをダイレクトに設置することです。

そうする事で、オーディオ装置の振動をダイレクトにアース出来るからです。

ただ、実際にその様な方法でインシュレーターを設置できる人々はごくわずか。

・インシュレーターの高さよりも機器オリジナルの脚の方が高い

・インシュレーターの高さが充分にあっても、オーディオ装置の底板がうねっていたり、またはあちこちにネジ頭が飛び出ていたりする。

などの理由からです。

ベストではないけれど、意外に求められているのは、オーディオ装置オリジナルの脚の下に設置するインシュレーターだと言う事です。

簡単なようですが、オーディオ装置の下に二つの構造物(オリジナルの脚とインシュレーター)が来るわけで、音質的にまとめるにはなかなか面倒 だったりします。

HP-IN56は決して理想的とは言えない環境の中で、オーディオ的特性と音楽的バランスの向上を目指して作られたCFRPインシュレーター です。

厚さ、幅、形状を考え作られました(当然にプリプレグの積層プログラムも)。

このインシュレーターの使い方は写真のようにです。

ブルーレイレコーダー、AVアンプ(国産オーディオ機器は全般に底面はフラットではないですね)の様な、決して底面がフラットではない製品に この様に用いて頂くと実に効果的です。

その音は実に魅力的。

まるでブースターを付けたかのようなエネルギー溢れる低域、中低域の充実

低域〜高域まで全帯域にわたる情報量(密度)の向上

結果、広々とした音場とそれを埋める空気感、充実した密な音像が音楽性豊かに音楽を奏で始めます。

これを前にすると装着前の音は、実に薄く、平板で、表面的なものでしかなかった事に気付かされます。

全ての人が理想的環境にいるわけではない!

当店が考えるベターなインシュレーター

HP-IN56 42000円/4個1SET (当店限定販売)