<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CROSS POINT リファレンス電源ケーブル XP-PSC Flare 完成のご案内 | main | CROSS POINT NEWインターコネクトケーブル登場 >>
HP-5509 NEW Ver.のご案内


年末だからこそのご案内
年末年始一番楽しいのは一家団欒でもそうでなくても映画鑑賞または多くのイベントの映像鑑賞ではないでしょうか。
あ〜映画って本当に素晴らしいですね。
あ〜オーディオ・ビジュアルの融合って本当に楽しいですね。
そんな中、「映像がつくなんて邪道だ。」なんてお前さん無理なさんな。
音のクオリティーが高ければ、A・Vは高い確率でピュアオーディオを凌駕する。

「それはホントかい?」
「そりゃ〜ほんとうさ、なんたってこんなもんが出たんだから・・・・」
http://blog.zama-dolphin.jp/?eid=368
「ほ〜AVアンプが数百万円の2chプリアンプを手玉に取ったてかい?ま〜『〜が〜に勝った』なんてなふれ込みはそこいらに溢れてるが、今回の発信源は座間DOLPHINかい。信じられるのかい?」
「それを言っちゃ〜おしめ〜よ〜、奈良岡自身『この世で一番信じられないのは自分だ』なんて言う奴なんだから、信じられるわけはなかろう。」
「じゃ〜嘘っぱちなんだろ!?」
「ただね〜、今回は第三者のMさんが傍にいたって言うんじゃないの。自身が持つ数百万円のプリアンプがAVアンプに負けたなんてそ〜簡単に言えることじゃない。半分くらいは信じてもいいんじゃないの!?」
「ほ〜それじゃあ話し半分は信じていいんだね・・・・・。」

2012年、終わりをまじかにして説得力ない文章にますます磨きをかける奈良岡ですが
ただ、今回紹介する最新版HP-5509は本当に素晴らしい。
オーディオをやるなかで悩むことは、
高額のオーディオ製品を購入し「自分はこれを買ってるんだから間違いないんだ。」と性能に疑問を持たずにいる事が正当なのか?
そして潜在能力を持つ製品をモデファイし、そのパフォーマンスで高額製品を凌駕することは邪道なのか?
と言うこと。
高いオーディオ製品、最初からそこそこの音がするのは当たり前。
安いAVアンプ、最初から高級アンプに負けるのも当たり前。
安いAVアンプでもそれに可能性を感じるならば手間暇をかけるのは当たり前。
その手間暇をかける中でHP-5509はオーディオ業界の一部の製品にだけ許された世界に足を踏み入れ、そして超えたように思います。
そしてその能力は2chに限らず7.1chにまで及ぶと言う。
更にはサラウンド情報をデコードし再生する能力まで持ち合わせると言う。
凄い能力を秘めたHP-5509の能力を紹介し、今年の新着情報の案内は終わりとします。
そういえば座間DOLPHINの最初の新着情報はHP-5509でしたね。

HP-5509 NEW Ver.  販売価格850,000円(税込)