<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HP-5509 NEW Ver.のご案内 | main | CROSS POINT XP-BD/PS SE 登場のご案内 >>
CROSS POINT NEWインターコネクトケーブル登場

この度CROSS POINT社からNEWインターコネクトケーブルが登場します。
型式名「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」

CROSS PPOINTに少しばかり詳しい方ならお分かりだと思いますが、今までも
「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」
と言うモデルは存在しました。
1mPair 48万円(税込)の商品として。

今回登場する「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」は当初の予定では「XP-IC/XLR 」「XP-IC/RCA 」として「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」の下位モデルとして登場する予定でした。
しかし、素材こそ下位モデル(今までは極細銀リッツケーブルに対し極細銅リッツケーブル)になりますが、CROSS POINT社の最新技術が投入されたことにより、そのパフォーマンスは同等かそれ以上に。
旧「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」はその座を譲り、上級モデル「XP-IC/XLR Flare」「XP-IC/RCA Flare」と統合され、近い将来に再デビューすることになったわけです。

改めましてNEW「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」
その構造です、上でも述べましたとおり極細銅線リッツ構造です。
もう少し詳しく言うなら、φ0.1mm程度の極細銅リッツ線数十本を1芯とした多芯構造です。
やはり、今までもこれからもリッツケーブルこそが私にとってベストの選択です(位相特性、全帯域ムラのない情報密度を考えるとこの選択しか考えら れません)。
そのワイヤーにCROSS POINT社の最新のパーツとターミネイト技術が投入され、このNEWモデルが登場したわけです。

さて、そのパフォーマンスですが。
このサウンドは誰もが素直に受け入れられるサウンドなのではないでしょうか。
しかしそれは浅く広くまとめたような小さなものではなく、深くそして広くまとめたような。
「本当に普通の音なんだけどね。しかし良く聴くとその凄さが分かる!」
と言うタイプではりません。
「凄い、こんな音を待っていた!しかしそれは偏ったサウンドではなく、王道的普遍性のあるサウンドなんだよね。」
と言うタイプかもしれません。
音楽のおいしい部分がギューッと詰まっている。
しかしそれは一部のリスナーに向けてではなく、幅広いリスナーに向けて。
オーディオ的で言うなら、聴感上のSNの良さ、歪みの少なさ、周波数レンジの広さは、情報密度・・・どれも素晴らしい
音楽的表現で言うなら、ゴージャスと清楚の共存、完熟から熟成までの幅、全ての音のたち振る舞いの背景に深く存在する陰影・・・、素晴らしい
うん、本当に素晴らしい。

オーディオの格の壁を越えた素晴らしいインターコネクトケーブル
NEW「XP-IC/XLR SE」「XP-IC/RCA SE」
堂々と登場です。

・XP-IC/XLR SE 160,000円(税込) 1mPair ±40,000円/m

・XP-IC/RCA SE 180,000円(税込) 1mPair ±40,000円/m