<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< XP-PC 近日登場 | main | XP-PSC EN/SC登場〜XP-PSC ENを全ての方へ〜 >>
満を持して登場 XP-WSB登場


この度CROSS POINTから満を持してカップリングインシュレーターが登場いたします。
CROSS POINTが誕生し、1年ちょっと、
この1年ちょっとで多くの振動アルゴリズムを学ぶのと同時に、仮想理論の正当性や非正統性を確認する事が出来ました。
それにより再構築されたカーボン繊維の選択、積層プログラム、寸法比率・・・
「見た目は大して変わらないのに、ぜんぜん別物になってるのね。」とのお言葉をいただいております。
今回は自分にとっての鬼門「カップリングインシュレーター」に着手しました。
鬼門と言うのは誤魔化しが効かないからです。
二つのパーツにより構成されるカップリングインシュレーターは、たとえカーボンファイバーコンポジットと言う同一素材であろうとも実に難しい。
高弾性素材を使うわけですから、一歩間違うとそれぞれのパーツがエゴむき出しの音になってしまうからです。
またメーカーが提案する1つのパッケージングなわけですから、バランスが取れただけでは許されない、尖がった突出したパフォーマンスがあってもバランスが取れていないと許されない。
メーカーの音、映像に対する哲学が問われるのがカップリングインシュレーターでもあるわけです。

そのような前振りは置いておいて、その音ですが、実に正統的で、そして旨味に溢れた音です。
まずはお約束として、聴感上のSN感が格段に向上し、歪み感は綺麗に消えてくれます。
使用前使用後の音を比較するなら、使用していないときは、録音時ピークレベルを誤って録音したようなピーキーで歪っぽい音に感じてしまいます。
音場の背景にノイズと言う細かい粒子がちりばめられたような音に感じてしまいます。
音の良い悪いを語る前に、確実に言える事は、このカップリングインシュレーターを用いたときの音は聴いていて実に楽なのです。
ただ、このインシュレーターに対する評価はそれだけの消極的姿勢の優劣では終わりません。
このインシュレーターを用いる事により、下世話な表現ですが「おりゃ〜っ」と言う勢いが感じられます。
内に籠るのではなくボリュームたっぷりに外に広がっていく音なのです。
が、・・・
通常そのような音は、大概というか間違いなく、音の密度は減るのです。
ボリューム感と密度と言うのはトレードオフの関係にあるのです。
が、
ボリューム感たっぷりの低域〜中低域は更に色濃く濃密に、
中域は更に幅を利かせ濃密で存在感にあふれ、
高域は実に表情豊かでチャーミングに・・・

インシュレーターありインシュレーターなし

映像に関してもそうです。
ブルーレイレコーダーにXP-WSBを使用したものとそうでないものの画像を載せさせてもらいました。
とは言いましても使用したブルーレイレコーダーはDMR-BZT9000(http://panasonic.jp/diga/blu-ray/bzt9000_910/beauty.html)
オリジナルの脚もかなりこだわったものです。
が、その差は歴然でした。
その差がデジタルカメラでどれだけ表現できるかが心配でしたが、少しばかりは確認できるようでしたので掲載させていただきます。
3種類の画像とも共通して言えるのは、インシュレーターを用いた方は、優れたコントラスト(深く沈んだ黒に、歪み感なくスムーズに伸びた白)そし て色濃さを持つ事で、実態感と奥行き感にあふれていることです。
それと同時に極上のSN感と解像度の積み重ねで作り上げられた映像は、フィルムのように柔らかく、あたたかく、うっとりする優しさを持ち合わせています。
8:00のオープニング
漠然とわかるのは、インシュレーターを用いないオリジナルの脚のものは映像全体の色のりが悪く、平板な 映像です。
それに対しインシュレーターを用いたものは、アキちゃん、北三陸鉄道、田んぼ、草、レール、CGの水しぶき・・・
どれも色濃く実態感を伴い立体感であります。
8:01のシーン
これぞ大和撫子、インシュレーター使用時のアキちゃんの黒々とした髪、飛び出しそうなほどにまぶしい瞳、血色の良い肌の質感等分かりますでしょうか。
SNが良く透明感があるからこそ際立つ背景の暗い水槽部屋の暗部と照明の織りなす神秘!?分かりますでしょうか。
8:14のシーン
インシュレーターを用いないものは散漫で実態感のない電球の眩しさになっていますが、インシュレーター使用時のものは球体の塊感をはっきりと示し、目にも「キタ〜ッ」という眩しさを感じさせてくれます。
更にはインシュレーター使用時の洞窟の岩肌の実態感、暗部の引き込みがしっかりしてるからこそ分かる勉さん土色の立体的顔の表情、鼻穴までもが語る怪しさ、1秒間に60枚、15分で54000枚描かれる静止画のクオリティーが高まることで、我々のドラマに対する理解度、感情移入度がより一層深くなるのではないでしょうか。

XP-WSB
「聴きごたえ、見ごたえありがら、優雅さ、優しさも兼ね備えた心に響くインシュレーター」と言えるかもしれません。



XP-WSB φ42×H13.5mm 118000円/4個1SET