<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏季休業のお知らせ | main | あなたのスピーカーは全然能力を発揮していない
CROSS POINT スピーカーターミナル用バナナプラグキャップ近日登場 >>
CROSS POINT インターコネクトケーブル EN-IBグレード登場

CROSS POINTの人気インターコネクトケーブルXP-IC/XLR ENおよび XP-IC/RCA ENに上級モデルが登場します。
近い将来リファレンスインターコネクトケーブルとして登場する予定のXP-IC/XLR FlareおよびXP-IC/RCA Flare(予価66万円)に採用予定の技術をXP-IC ENシリーズに採用です。
入力部と出力部にFlareのパーツを一部採用することで、入力信号に対し高いアイショレーション能力と情報ブースト能力を与えています。
製品名はXP-IC/XLR EN-IBおよびXP-IC/RCA EN-IB
語尾のIBはIsolation(アイソレーション)・Boost(ブースト)と言う意味になります。

音はまさしくそのようなイメージです。
ノイズや歪を分離、消去することで加速度的に音の情報密度が高められます。
具体意的に表現するのなら、再生帯域を拡大しながら、それ以上に情報密度を高めることで今までの音を煮詰めたかのような濃厚な再生。
存在感溢れる音像の濃厚さ
空気までが存在感溢れる音場の濃厚さ
本当に濃い濃い
更にはアンプの駆動力が増したように低域の再現力が増し、真に音楽があるべき姿として存在感を示します。
相対的な濃さ(世間で言う中域だけ充実したような濃さ)ではないのです。
絶対的レンジの広さを絶対的情報密度で埋めた、絶対的濃さなのです。
あ〜伝わってるかな〜(阿藤 快ふうに)
私の日常で表現するのなら、濃い口醤油が、更に濃厚にそれでいて繊細な、かめびし3年醸造醤油になったかのような。
逆にわかりにくくなったかな!?分かり難い人は忘れてください。
かめびし3年醸造醤油を使い、その意味がお分かりになる方は「あ〜そんな感じなんだ。」と思ってください。

XP-IC/XLR(RCA) ENの正当的上級モデルXP-IC/XLR(RCA) EN-IB、堂々とここに登場です。※

・XP-IC/XLR EN-IB 260000円(税込) 1mPair ±40000円/m

・XP-IC/RCA EN-IB 280000円(税込) 1mPair ±40000円/m


奈良岡

※XP-IC/XLR EN(170000円 1mPair)、XP-IC/RCA EN(190000円 1mPair)は並売となります。
EN⇒EN-IBのバージョンアップ料金は100000円となります。
〜9月30日までのバージョンアップ料金は90000円とさせていただきます。