<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CROSS POINTからBurn in & Aging CD登場のご案内 | main | GW休業のご案内 >>
電源ケーブルXP-PSC登場のご案内

この度CROSS社より電源ケーブルXP-PSCが登場します。
XP-PSCの一番の魅力は、上位モデルと同一構造のワイヤーを採用してる事にあります。
XP-PSC Flare、XP-PSC EN等上位モデルと音質面においても、また将来の発展性においてもまさしく直系です。
(上位モデルに採用されている)低抵抗合金化技術EN処理を省略しながらも、最新XP-PSC ENに用いられた(接点部の)銅削りだしネジの採用により高いSN感・低歪化を計り、直系という言葉にふさわしいサウンドを得ることに成功しました。
同一構造ワイヤーの採用は、将来的のXP-PSC Flare、XP-PSC ENへのアップ トゥ デートを可能とし、魅力ある製品として末長くご利用いただけるはずです。

<XP-PSC 詳細>
・エナメルコーティングφ0.04mmの高純度銅線で構成されるリッツ線構造
・±、グランドそれぞれに数千本単位で使用
・素線の捻じりを極限まで抑え、リッツ線のウィークポイントであるインダクタンスの上昇を最小限に抑え、低歪でワイドレンジな再生を可能としてい ます。
・リッツ端末処理にはCROSS POINTオリジナルの低接触抵抗の処理が施されています。
・ACプラグ、IECコネクターの接点部ネジにはCROSS POINTオリジナル選別銅削りだしネジを採用

以上XP-PSCへのご案内でした。
当初の予定では昨年の9〜10月くらいに登場予定の製品でありました。
しかし部分的コストダウンにより上級機譲りの「陰影」という言葉が出てくるような製品にはなかなか仕上がりませんでした。
そのような中、最新XP-PSC ENに採用された銅削りだしネジが昨年末登場し、それを採用することですべては解決しました(若干のチューニングは施されていますが)。
情報密度では劣りますが、聴感上のSNや歪の少なさにおいては(銅削りだしネジが採用される前の)旧XP-PSC ENを上回っているのではないでしょうか。
個人的には長時間のヒアリングにも耐えられる音楽性を伴った、しっかり腰の据わったサウンドと思っています。
コストパフォーマンスに優れた十万円台の電源ケーブルとして自信を持ってお奨めできる製品です。

XP-PSC 180,000円(税込) (1.8m ±80,000円/m)