<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< XP-SP アジャストされて堂々と再登場します。 | main | ケーブルインシュレーターの革命 XP-CIN 登場 >>
年内限定 壁コンセントコンセント XP-PS DS 登場

CROSS POINTから年内限定で壁コンセントXP-PS DSが登場します。
年内限定の理由は「今この価格帯で、この様なコンセプトの壁コンセントは必要とされているのか?」と言う実験販売的なマーケティングの意味があるからです。

オーディオ再生において壁コンセントは非常に重要です。
オーディオルーム内だけで見た場合壁コンセントは最上流です。
私の持論でありますが、オーディオ再生において上流ほど全体の情報密度に一番大きな影響を与えます(下流は再生バランスに大きな影響を与えます)。
下流で頑張って音の佇まいを整えても、上流で失った音の中身までは補うことができないのです。
だからこそCROSS POINTでは壁コンセントに力を入れています。
最も安いコンセントでも158,000円と力を入れています。
「本物を作るにはこのくらいの物量投入が必要」という思いがあるからです。

そのような思いがある中、
「数万円でCROSS POINTが目指すサウンドのコンセントを作れないだろうか?」
「今現在市場は数万円の壁コンセントを必要としているのだろうか?」
との興味がわいてきました。
XP-PS DSはそのような目的と興味のもとに開発されました。

XP-PS DSのサウンドコンセプト、それは「汚い音を出したい」です。
「汚い音っ」て言ってもすぐには分からないかもしれませんが、それは「汚く録音されてる音を汚く再生したい」と言うものです。
言い変えるなら「汚い音を汚く再生できなければ、綺麗な音なんて出せるわけがない。」と言う強い確信です。
世の中のコンセントは煙草の煙やコールタールのドロッとした粘度のある表現ができません。
その根本的原因は無音の空間を深い暗闇として表現する、陰影感を持った音楽表現ができないところにあると思います。
陰影を背景にしながらも空間を音を埋め尽くす情報量がないからだと思います。
結果として汚い音を再生してもまるでカーペンターズを再生したような小奇麗な音になり、美しい音を再生しても薄くて浅い美しさだけで終わってしまう。
CROSS POINT社ではこの「汚い音」を出す為、地上で最も導体抵抗が低く接触抵抗が低いCNT複合銀メッキを100μ弱〜と言うように徹底的な物量投入で対処してきたわけですが。
XP-PS DSではそのアプローチを変えています。
上級モデルの音、上級モデルが持つ残留ノイズの質を手本にし、そのサウンド再現の為に6種類以上の金属を混ぜ合わせる手法をとりました。
「少しでも蟹らしく」と言う目的のもとに作り上げられた「蟹カマ」とも言えるかもしれませんし、いつくもの食材の積み重ねによりつくられた「職人 のタレ」とも言えるかもしれません。
「とにかく音楽を本物っぽく再現したい」
数万円のコンセントでその目標を達成するために創意工夫のもと作り上げられたメッキなのです。
±ブレード、アースブレード、グランドフレーム、ネジ、ネジ受け・・・
電気が流れない背面固定ネジ以外すべてにこのメッキが施されています。

そのサウンドですが、コンセントに電源ケーブルを差し込み、音楽再生前の(機材から出る残留ノイズの醸し出す空間の)音を聴いただけで「こりゃ〜汚い音でそうだぞ!」 との予感が。
スピーカー周辺の空間は実に静かな暗闇に覆われています。
そしてその暗闇は生命の存在を感じるような温度感を伴った暗闇です。
高い情報密度を持ち、音は粒子ではなく波だと言うことを耳に感じさせ、うねりとして体に感じさせてくれるように思います。
ライブ系の音楽を再生した時は、ライブ会場の熱気、ドロ〜ンとした気だるさまで伝わってきて、ソースによっては「煙草の煙やコールタールの粘度」をイメージさせるようなダーティ感も伝わってきます。
そのような再生環境で再生されるクラシックは、「盤石な重厚感」「音の深さ」「地に足がついた(暗闇を背景にした)優雅さ」「気品」と言う言葉が 浮かびます。
「ボルドー的〜」に「ブルゴーニュ的〜」の様に美しさの描きわけも巧みです。
DS=DARK SIDEの音の再生を狙った結果、オールマイティーにこなす正統的なコンセントが出来上がったように思います。
薄っぺらい音が「美音」「高解像度」と喜ばれる世の中、果たしてこのようなコンセントの需要はあるのか?
実験販売として年内限定登場です。


XP-PS DS 33,000円(税込) ※年内限定販売