<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年内限定 壁コンセントコンセント XP-PS DS 登場 | main | NEW XP-PSシリーズのご案内 >>
ケーブルインシュレーターの革命 XP-CIN 登場




ケーブルインシュレーターの革命がここに起こります。
世の中の既成のケーブルインシュレーターのコンセプトを全否定する製品の登場です。
何を否定するか?
それは形状そのものです。
「そのケーブルインシュレーター、他のオーディオ製品(プレーヤー・アンプ・スピーカー等)のインシュレーターとして通用するの?するわけないよね?」
それが答えです。
既成のケーブルインシュレーターは皆が皆重心は高く、そして低剛性。
そこには「床やラックにべったりついてるよりは、少しは浮かせた方がいいでしょ?」とおまじない程度の軽い気持ちしか感じません。
しかし私はそのおまじないは音を良くするどころか、逆に悪くしているように思うのです。
剛性がなく重心が高い所に置くため、音自体が浮遊的な浮足立ったものとなり、存在感を伴わないチープなサウンドに私は感じます。
「音離れが良くなった」と喜ぶ方に対しては、「あるべき音がなくなったんでしょ?」と言いたくなってしまったりもするわけで、
よって私自身はこれまで非ケーブルインシュレーター派でした、反ケーブルインシュレーター派でした。
そのようなケーブルインシュレーター否定派の私にここ最近、「良いケーブルインシュレーターはないですか?」と何人かの親しいお客様からのお問い 合わせが。
そのお問い合わせに対しては、上で書いたような私の持論を述べるのですが、しかし、ケーブルインシュレーターと言うものを真剣に考えるきっかけにもなったわけです。

プレーヤー・アンプ・スピーカー・・・その様な製品でも通用するようなインシュレーターを、ケーブルの形状と設置状況を配慮し作り上げたら?

その様なイメージがわきました。
さっそくCROSS POINT社のインシュレーター群を持ってきてケーブルの下に敷きあれこれ試したわけです。
そしてそこから出てきた音は、これまでのケーブルインシュレーターを用いた音では、またケーブルインシュレーターを用いない音では考えられない、濃厚でエネルギーに満ち溢れた音でした。
しかし・・・
しかしその音は、階調よりもコントラストが際だった、音の横への広がりよりも前への押し出しが際だった、ちょっと立派すぎる聴いていて疲れるよう な音と表現できなくもない音でした。
「これで最初から良かったら、一々ケーブルインシュレーターを作らなくてもいいのだから楽だったのにな〜。」と残念な自分でもありましたが。
新たに
・ケーブル⇒インシュレーターにかかる荷重は小さい。
・荷重がかかりにくいためケーブルが安定しづらい。
という事実を発見。
さっそく「荷重が小さくてもインシュレーターとして機能する」積層プログラム、「ケーブルが安定しやすい、さらに低重心化」の形状を追加し再製作しました。
性能、機能を追求して生まれたケーブルインシュレーター、それがXP-CINです。

そのサウンドですが、私は完全に反ケーブルインシュレーター派から熱狂的ケーブルインシュレーター肯定派に変わりました。
もう、ケーブルインシュレーターXP-CIN無しの音はオーディオ・ビジュアルシーンで考えられません。
まずはスピーカーケーブルに用いてみました。
その音は、「今までの音は音に足がなかったのか?」と思うほどに低域と言う音の根をしっかりと張った盤石な音です。
描かれる音一つ一つは皆幅を持ち、厚さを持ち、そのボリュームを濃厚に感じさせる高い情報密度をもち。
音一つ一つ=音像としてとられるかもしれませんが、広がった音情空間に広がる空気まで濃厚に感じさせます。
今までは音楽を聴く中で感じ取ることのできなかった音の気配一つ一つが決して押しつけがましくなることなくス〜ッと耳に脳に入ってくるのです。
XP-CIN有と無しでは音楽に対する理解が全然違ってくると思います。
XP-CINを用いない音が、「畑から抜いてきた大根を単に輪切りにしただけ」と考えるなら、
XP-CINを用いた音は、「皮をむき、しっかりと面取りし、おでん・ブリ大根として料理されしっかりと味のしみ込んだ濃厚で奥深い味の大根」と 言えるのかもしれません。
料理の程度の差ではなく、料理する前と後ほどの差に感じてしまいます。
XP-CIN無しでは完成した音楽を聴きとることができないと思ってしまうのです。
次に電源ケーブルに用いてみました。
これもやはり同じような効果です。
そして上流と言う事でスピーカーケーブルの時よりも音の佇まいの変化よりも情報密度の変化が多いようです。
ブルーレイプレーヤー〜液晶テレビのHDMIケーブルに用いてみました。
「何をやったの?」家族からの言葉。
映像で言うなら、ノイズらしきものが消え、コントラスト、階調、色の濃さ、もう完璧です。
液晶テレビにブラウン管のような黒、コク、尾を引くような慈悲深い階調が現れ、目が奪われてしまいます。
音も背景のノイズが本当に消えて盤石で色濃い音が現れます。
「これ、TVのスピーカーだよな?」ドラマのバックで流れる音楽がクラシックのように優雅で心にしみ込んできます。
圧巻はUSBケーブルです。
「これ同じ録音だよな?」
何度も確認してしまいます。
カセットテープ時代のドルビーのONとOFFの差ほどにSNが違います。
普通オーディオアクセサリーのSNの向上は測定機では出ないものですが、ここまで違うと測定器ではっきりと出るのではないかと思ってしまいます。
「XP-CINがあれば1000〜2000円のUSBケーブルで世の中の高額USBケーブルを全て手玉に取れるのではないか?」と思ってしまいます。

既成のケーブルインシュレーターを否定していた自分の考えに間違いはなかったと思います。
しかしケーブルインシュレーターと言う事に理解を示さなかった私の考えは、旧態依然とした硬直した保守的ものだったと反省するしかありません。
ケーブルインシュレーターにはここまでの可能性が隠されていたわけです。
ディスクにはここまでに情報が眠っていたのです。
オーディオ・ビジュアルシーンには必須アイテムだとここで声を大にして言いたいと思います(否定派だった人間が調子良すぎますが)。
高級ケーブルインシュレーターと言う市場が確立されていないオーディオ業界の為、限定販売とさせていただきますが、XP-CINここに堂々と登場 です。


ケーブルインシュレーター XP-CIN   4個1SET
※30SET限定、1個単位の販売はご遠慮ください。