<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リビングオーディオには必須
リファレンスアンテナケーブル HLP-DIC/AT 登場
| main | 出汁の効いたオーディオ
オーディオボードへの回答NEW XP-BD登場 >>
実質的リファレンス電源ケーブルXP-PSC Flare近日登場

 

この度CROSS POINT社より実質的な電源ケーブルのトップモデルとしてXP-PSC Flareが登場します。

CROSS POINT社の電源ケーブルのトップモデルはXP-PSC Flare Limitedですが、この製品は全てにおいて妥協を排した、CROSS POINT社の挑戦的、実験的側面が大きく、価格も高額です。

パフォーマンスも凄いけれど、定番的リファレンスにはなりにくい製品かもしれません。

そのような中

「CROSS POINT社の技術力を世に示す、定番的リファレンスケーブルを作れないだろうか。」

XP-PSC Flareは野心的に開発がスタートしました。

「XP-PSC Flare Limitedに投入された技術、パフォーマンスを総括し、投入技術に優先順位をつけ、XP-PSC Flare Limitedに限りなく近いハイコストパフォーマンスを持たせる」

・エナメルコーティングφ0.04mmの高純度銅線で構成されるリッツ線構造

・±、グランドそれぞれに数千本単位で使用

・素線の捻じりを極限まで抑え、リッツ線のウィークポイントであるインダクタ
ンスの上昇を最小限に抑え、低歪でワイドレンジな再生を可能としてい ます。

・リッツ端末処理にはCROSS POINTオリジナルの低接触抵抗処理のEN処理の採用

(ここまでがXP-PSC EN/STと同じです)

・ACプラグ±ブレード×2、ACプラグアースブレード×1、IECコネクターブレード×3には当社社既定の選別無酸素銅を採用し、それら全ては低速ワイヤーカット後職人による手曲げ加工

・コネクター内部のケーブルを絞めるネジは当社規定の選別無酸素銅の削り出し

・ACプラグ±ブレード×2、ACプラグアースブレード×1、IECコネクターブレード×3、プラグ・コネクター内部ケーブル固定ネジ×6、コネクター内部ケーブル固定BOX×6すべてに数十μ厚CNT複合銀メッキ採用

(この三つがFlareオリジナル技術です)

XP-PSC Flareには以上の様な技術が投入されています。

ブレードの加工における低速ワイヤーカットと手曲げ加工ですが、

コスト面だけを考えれば圧倒的にプレス加工が割安です。

しかし金属を引きちぎり、叩きつけるように作られたプレス加工製品は加工前とはまるっきり別のサウンドになってしまいます。

分かりやすく言うなら、加工前は銅ワイヤーと同じ音だったものが、加工後は「板」を思わせるタイトで平板な音になってしまいます。

それに対し、低速ワイヤーカット+手曲げ加工は銅ワイヤーの延長線上の音のままなのです。

銅削り出しネジも量産効果が低く高コストになりますが銅ブレードの魅力を余すことなく引き出し、全帯域にわたり統一感のあるサウンドを叶えてくれます。

CNT複合銀メッキの凄さは改めて言うまでもないでしょうが、

地上で最も電気的特性に優れる銀と同じ導体抵抗を持ち、その銀を圧倒する接触抵抗の低さを誇るメッキ

電気的にオーディオ的に音楽的に最強メッキと当社は考えています。


以上の様な技術を背景に作られたXP-PSC Flareのパフォーマンスはまさしくリファレンスに相応しいものです。

他社のリファレンスケーブルを圧倒し続けたXP-PSC EN(ディスコン製品)と比較になりますが

「XP-PSC ENがこうも背景が明るいケーブルだとは思いもしなかった。」

これが第一に感じることです。

陰影の深さに重きを置き作り上げたXP-PSC ENの音場が妙にノイジーに感じ、遮光がしっかりされない部屋でのプロジェクター再生のように感じてしまいます。

それほどまでにXP-PSC Flareの闇は深いのです。

次に感じるのは、盤石な低域を背景にどっしりと濃厚に描かれる音楽模様です。

盤石な低域〜スムーズに伸びきった高域と間違いなく現代オーディオ最右翼のワイドレンジです。

しかしワイドレンジを完全に支配下に置く高い情報密度のそのサウンドは、ワイドレンジを希薄なものとはせず、音楽の存在感・浸透性を届けてくれます。

「よく聴くとワイドレンジ」「よく聴くと高解像度」

そのような言葉が後から出てくるのは、再生音の端と端、点と点を感じさせないほどに高い情報密度を持つからだと思います。

XP-PSC Flareその音は、まず最初に音楽を聴かせ、良く聴くとオーディオ的凄味を感じさせてくれる音。

定番的リファレンス電源ケーブルに相応しい製品だと思います。


電源ケーブル XP-PSC Flare 398,000円(税込)1.8m(±82,000円/m)

※XP-PSC ENからのバージョンアップ料金 200,000円